« New Education Expo 2011東京会場見学記 「1人1台PCを活用した協働教育の取り組み ~フューチャースクール実証校の事例から~」 | トップページ | IMETSフォーラム2011 開催報告 »

2011年8月 1日 (月)

学情研「情報教育セミナー」のワークショップ:「電子黒板使い倒し術」参加報告

公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター主催の「情報教育セミナー2011」が7月27日、東京都心のアルカディア市ヶ谷で開催されました。テーマは「協働学習とデジタル教材」。午後からは一般社団法人D-Project会長の中川一史先生から「協働学習においてデジタル教材はどのように活用できるのか」というお話があった後、開催された4つの魅力あるワークショップのうち、WS2「電子黒板使い倒し術」に参加してきました。

2009年から急激に導入が進む電子黒板。学校に1台は見かけるようになってきました。しかしながら、使われる機会は少なく、特別教室の片隅で眠っているなんて声もちらほら。今回のワークショップは、「電子黒板の使い方がよく分からない」「電子黒板を使うと負担が増えそう」という見方を180度くつがえす、非常に有意義な機会でした。

この日「電子黒板使い倒し術」のワークショップをご担当されたのは、千葉県柏市立教育研究所の佐和伸明先生。普段、研修や講演を多くご担当されているのか、場を盛り上げるのが非常に巧みです。「電子黒板を使うと生徒を分かった"気にさせられる"んです。」満席の会場から笑い声が漏れます。そして、真剣な顔になり「子供たちの視点を手元の教科書ではなく、前に集中させられます。」と分かりやすくプレゼンテーション。「うんうんなるほど」とうなずき、熱心に聞き入る先生方。私も佐和先生のすてきな笑顔と巧妙な話術にすっかり引き込まれてしまいました。もちろん電子黒板の有効性を再確認したのは言うまでもありません。

佐和先生のお話の後、次は、電子黒板の扱いに精通した企業の方が講師となり、実際に先生方が電子黒板を体験して学ぶ番です。電子黒板の経験者と未経験者はおよそ半々。「未経験者の先生方に教えるのは難しくないのかな?」と思って見ていると、企業の方からこんな指導が。

「電子黒板には色々な機能があります。だけど『書く』『消す』『拡大する』、この3つの機能だけ使えるようになれば、電子黒板をマスターしたと思って大丈夫です。」

「確かに!」これは目からウロコでした。私も昔、パソコンに抵抗がありました。しかし「ワードとエクセルさえ使えればいい」という先生の教えで、目の前が明るくなったことがあります。色々な機能があって全部使いこなさなければならない、と思うから敷居が高くなる。だけど、機能を限定してもらえたら、敷居は低くなる。身近にある携帯電話やテレビも、すべての機能を使いこなさなければいけないわけではない。この日、電子黒板を使うのが初めてという先生方も戸惑うことなく、むしろ、楽しみながら電子黒板を次々とマスターされている様子でした。

電子黒板を使えるようになったら、次はデジタル教科書。先生方もほぐれてきたのか、「この動画はすごいな!」「これは便利だな!」と言った声があちこちで飛び始めます。「今まで授業準備でテレビ番組を録画したり、紙で教材を作っていたりしましたが、デジタル教科書には、動画やゲームが最初から組み込まれているんですね。デジタル教科書をすべて使おうとすると大変だけど、自分が使いたいところだけ使ったらいい。」と先生からの積極的なご提案もありました。

こうしてワークショップの2時間はあっと言う間に過ぎました。最後に佐和先生はおっしゃっていました。「電子黒板導入後、生徒の集中力が増したという調査結果があります。導入後2ヶ月すると、先生も慣れ始め、有効活用できるようになります。電子黒板は有効なツール。だけど、最終的に授業で使っていくのは今日ここにお集まりの先生方です。」

電子黒板やデジタル教科書を活用することで、授業準備を簡素化し、負担を軽減できる、そして、先生方は人間にしか成しえない創造力や協調性等を育む事に集中できる、との想いを新たにしました。

(文責:神田須田教育開発株式会社 伊藤 俊之)

|

« New Education Expo 2011東京会場見学記 「1人1台PCを活用した協働教育の取り組み ~フューチャースクール実証校の事例から~」 | トップページ | IMETSフォーラム2011 開催報告 »

イベント・関連情報紹介」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。いつも勉強させていただいています。電子黒板とははじめて知りました。機会があったら使ってみたいと思います。
暑いですがお互いがんばりましょう!

投稿: | 2011年8月10日 (水) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522541/52342291

この記事へのトラックバック一覧です: 学情研「情報教育セミナー」のワークショップ:「電子黒板使い倒し術」参加報告:

« New Education Expo 2011東京会場見学記 「1人1台PCを活用した協働教育の取り組み ~フューチャースクール実証校の事例から~」 | トップページ | IMETSフォーラム2011 開催報告 »